HOME

みずぼうそうについて

  • 症状
  • 流行の特徴
  • 原因
  • みずぼうそうの怖さ
  • もしかかってしまったら
    治療法 家でできること

みずぼうそうワクチン

  • みずぼうそうワクチンとは?
    どんなもの? 接種の方法は?
  • みずぼうそうワクチンって必要?
  • ワクチンを受けるときの注意
  • コラム 世界では?

みずぼうそうと帯状疱疹の関係

  • 帯状疱疹とは?
  • 発症メカニズム

Q&A

  • みずぼうそうQ&A
  • ワクチンQ&A
  • 帯状疱疹Q&A
  • 一般財団法人 阪大微生物病研究会 BIKEN
  • GO!GO!ワクチンマン
  • ワクチンマンブルーのワクチン工場見学
  • ワクチンセミナーはじめました。
みずぼうそうについて

症状

発熱
発熱

だるさ、37度程度の発熱、食欲の低下、軽い頭痛などが現れます。ただし赤ちゃんや子どもの場合、これらの初期症状にあまり気づけないかもしれません。発熱は通常3日くらいで下がります。

発疹・水ぶくれ
発疹・水ぶくれ

発疹 水ぶくれ 小さく平らで赤いブツブツ(発疹)が現れます。通常はまずおなかや顔に現れることが多いようです。はじめは虫さされやあせもと似ていて、診断ができないこともあります。
その後数時間で発疹がふくらんで水ぶくれ(水疱)状になり、体中にバラバラと広がり始めます。

かさぶた
かさぶた

かさぶたかさぶたになって治ります。
すべてのかさぶたがはがれおちるまで、
約3週間程度かかります。

健康な子どもであれば一般的に軽く済みますが、重症化する場合もあります。

みずぼうそうの怖さ参照

ページのトップへ

発疹や水ぶくれが現れる所

発疹や水ぶくれが現れる所

発疹は次々とできるため、赤みや水ぶくれや膿胞(うみを持った白っぽい水ぶくれ)など様々な皮膚の状態が同時に見られるのが特徴です。水ぶくれには強いかゆみがあるので、赤ちゃんは不機嫌になります。がまんできずにかきむしってしまうと、爪や指から雑菌が入って化膿してしまい、跡が残ってしまうこともあります。

ページのトップへ
豆知識
水ぶくれの中身は?
水ぶくれの中身は?

みずぼうそうの水ぶくれの中の液には、みずぼうそうの原因ウイルスが含まれています。かきむしってしまうことで水ぶくれが破れて、そこから他の人に感染してしまいます。ですから、水ぶくれの周囲の赤みが消えていき、黒いかさぶたがしっかりとできるまで登園・登校はできません。

ページのトップへ
豆知識
みずぼうそうにかかったのは
発疹が出た日の2週間ほど前です。

みずぼうそうの原因となるウイルスは、人から人へ感染します。しかし、ウイルスが体の中に入ってもすぐに発疹が出てくるわけではありません。ウイルスは2週間程度かかって体の中で増え、そして発疹が現れます。症状が出る1~2日前からウイルスは体の外へ出ています。そのパワーは強く、集団生活ではすぐに感染が拡がってしまいます。とくに家族内では、家族同士が触れ合うことが多く体の中に入るウイルス量が多くなるため、後でかかった人の方が症状はより強くなるともいわれています。

ページのトップへ